9/30/2012

地道なリハビリとトレーニング。

自分の第2の家になっているくらい、近所のGymでは多くの時間を過ごしています。

49ERSに所属していた際には、GYMのイベントの中でカレンダーを販売
させてもらったこともあり、トレーナーや、スタッフも、親しくして下さいます。
私にとって、ネイティブのアメリカ人と言葉を交わせる語学学校のような
場所でもあります。笑

今回オーディションを終えてベイエリアに戻ってきた時には、
多くのスタッフがWelcome back Miho!!!と言って迎えてくれました。
自分のオーディションの動向を気にかけてくれてて、
ポジティブな言葉をかけてくれたことがとても嬉しかった:)

▲いつも貸切状態のダンススタジオ!笑


さて、オーディションが終わった今は練習しなければいけないダンスもなく、
怪我の治療のために、リハビリをしながら主に体作りに専念しています!
今までのダンス人生の中で、こんなに自分の体と向き合うのは
初めてかもしれない!って思う。

苦手な部分の筋力の強化と、患部を使わないで踊れるような体の使い方を
フィジカルセラピーに通いながら研究しています。

どのスポーツでも、「身体づくり」と「実践的な動作のトレーニング」の両方が
必要だと思いますが、ダンスの場合、どうしても実践的なダンスの練習が
メインになりがちだと思います。
私もアメリカに来るまでは時間に余裕がなかったこともあり、
チームのダンスの練習ばかりをしていました。

ですが、自分の使いやすい筋肉を使うことが、動きの癖を作ってしまったり、
無理な動きをして怪我をすることにも繋がるということに、今回多くの
怪我をしてみて気づきました。

また、違うジャンルのダンスを踊ろうと思った時にチアダンスを踊る身体の使い方では、
表現しきれません。なので、尚更ダンスには基礎的な身体づくりが
必要だ!!ということに行きつきました。

自分の踊っているビデオを見て、また人に指摘をしてもらうことで、
自分の体の弱点に気が付くこと。

地道だけれど、とても必要なことだなと感じます!



怪我をしっかり治して、苦手を克服して、絶対夢をかなえたい!頑張ります!
早く100%の力で踊りたいーーーーー!!!


1 件のコメント:

  1. はじめまして(*^^*)
    アルバルク時代に会場整理をさせて頂きました。墨田総合体育館で勇姿を拝見していました。お身体に気をつけて頑張って下さい。齋藤佳子さんとは地元一緒です。相談事は彼女にするといいと思います。

    返信削除