10/14/2012

NBAダンサーへの挑戦 ~OKC THUNDER②~

OKC THUNDERオーディション①に続きます!

プレリミナルオーディションを通過し、ファイナルラウンドへと駒を進めたKEIさんと私。
ファイナルラウンドでは、例のごとく面接・筆記テスト・そしてファイナルオーディションは
ショーイベントとしてパブリック向けに開催されます。

まずは、面接。
今回は、受験者4人対面接官2人。
シリアスな雰囲気は全くなく、リラックスさせてくれる和やかな面接でした。

今回聞かれた内容は、
・何故昨年アメリカに来ようと思ったのか、
・NBAに挑戦している理由
・(そして、もちろん)”何故THUNDERなのか”
面接官は最後の質問を一番聞きたかったはずです。ローカルのチームであり、
地元の女の子で十分やっていけるチームに外国人をあえて入れる必要がありません。
それなりの覚悟と熱意がないと、このアツイチームにはなじむことが出来ない為です。

私は、日本で実業団バスケットボールの事務局としての仕事も一部していた
経験があることから、地域密着型のチームとしてこの短い期間で成功している
このチーム自体にとても興味があるということ、そしてそのアツイファンと一緒に、
THUNDERを優勝へ導くサポーターの一員となりたいと伝えました。

納得してもらえたようだったので、とりあえず安心でした!

▲面接時に撮影した、ファイナルステージ用の写真


続いて筆記テストは、ショーリハーサルの際に行われました。
問題数は10問程度、主要の選手や、スポンサー、オーナーの名前など、
基本的な質問でした。NFLダラスカウボーイズのテストに比べたら
ボリュームと内容はかなりサイズダウンされた感じだったかなと思います。


そして、ファイナルのショーはカジノでのパブリックビューイング(一般公開)!
ざっと200人程度の観客が集まっていたように思います。




まずは、軽いインタビューを一人ずつしていきます。
ミスコンのような(?)カクテルドレスを全員着用しました。













そして続いては、課題のダンスパフォーマンス。
事前に指定された番号順に2名ずつ踊っていきます。

プレリミナリーと同様のダンスで、ジャズと、ヒップホップを合わせたルーティーン約1分、
あっという間でした!!!

ライトが客席にあたっていて、全然お客さんの顔は見えなかったのですが、
声援がたくさん飛んできて、アドレナリンが出まくりました!笑

 そして最後に、8×4ずつフリースタイルを披露していきます。
みんなここぞとばかりにテクニックを駆使していました。

どこに行っても、キレイなテクニックをする子が多くて、驚きます。
NBAのフリースタイルでターンをやるならトリプル(3回転)は当たり前で、
5回転とか、それ以上かな・・・
私も狭いところで可能な範囲のアクロバットをやりました。


そしてこれにて、全ての選考工程が終了し、ひたすら長い待ち時間・・・・。
いつもこの時間は長い!!!

発表は合格者が一人ずつ、ステージに呼ばれていきます。

私の結果は・・・・ご存じの通り。
自分の名前は呼ばれず・・・(泣)

今回もダメだったかぁ・・・。。。んー悔しい!!!


代わりに・・一緒に受けていた、東京ガールズ出身のKEIさんが合格しました!
この時は自分が落ちたーーーーという事で頭がいっぱいだったけど、
一緒に頑張ってきたKEIさんが日本人として合格したのは嬉しいことです!!

つい先日は日本に凱旋帰国されたとのこと!
おめでとう、KEIさん、そしてこれから始まるシーズン頑張ってください!!!

==

ということで、この翌日の私はどん底までまた落ち込み、使い物にならなくて、
お世話になっていたハウスオーナーにも心配かけてしまいました。スイマセン・・・

毎回のオーディションで、何かしら自分の中で新しい能力を発見したり、学んだりするけど、
落ちると、それって全てが思い込みだったのではないかと、思ってしまうことがよくありました。
「今やってる事って意味がある事なんだろうか・・・?」
「ただ無駄な時間とお金かけてるだけなんじゃないか・・・?」と。
でも、そんなことなくて、そこで学んだ事はどこかで蓄積されているんですよね!

そうやって蓄積された事を新しい経験で確認できた時に、
諦めないでやってきて良かったー。と初めて思えるんだなと思います。

この頃には、今までの落ちた経験からそんな風に自然と考えられるようになっていました。
 そう、「可能性がある限り、諦めないで続けることがまずは一番だーーー!」

と信じて、
次のオーディションへの飛行機を2日後に購入した私、
日本一のポジティブかもしれない!笑

1 件のコメント:

  1. 人生に無駄な物など一つもありません。無駄の積み重ねが人生です( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

    返信削除