11/26/2012

NBAダンサーへの挑戦 ~Phoenix Suns②~

セミファイナルは、サンズのホームアリーナで行われました。
 

 
 
憧れのコートに立てただけでとても感動・・・!!
「よし!もらったチャンスだと思って、(通過することを半分諦めていたので。)絶対通ってやる!」と意気込みました。
 
セミファイナルでは、新しい振付は入らず、一次で習った課題ダンスをジャッジされました。
 
それにプラスして、一人一人フリースタイルを8×6踊ります。フリースタイルではみんな持ち前のテクニックを駆使していました。そして、アメリカのチアリーダーの凄いところは、与えられた曲のイメージを一発でダンスで表現出来る事。曲のイメージするセンスが素晴らしいな、といつも思います。
 
曲は、Super bass/nicki Minaj
中にはNicki がプロモで踊っている振付をやっている子がいて。
(ランダムにかけられてる為、どこの部分で自分があたるかは分からないにも関わらず・・・)余裕がないとそんなことできませんよね。さすが!!
 
また、踊っている最中の表情に必死さが全くないことは、本当に感心します。緊張している中でこれをやることは意外と、とても難しいことなのです・・。

課題のダンスは覚えて1日経過していた事もあって、自分で納得したものが踊れたと思います。そして、フリースタイルも、アクロバットを入れて自分の持ち味を生かしたものが出来たかな!と思います!!

セミファイナルの発表も、ファーストラウンド同様、ホットライン(電話)で確認をするというものでした。この日もかなり緊張しながら慎重に聞き入ります・・・
 
結果は、セミファイナルを通過して、トレーニングキャンプに進める事に!

この日を終えた時点で、このチームが本当に好きなチームになっていました!!オーディションを受けているメンバーに対してのスタッフの対応がとても暖かく、ベテランメンバーも好印象な人ばかりでした。ダンスのコレオグラフに関しても、ここは自分のカラーのチームだと肌で感じました。
 
そして、ここではとても偶然な出会いがありました。
 
私のチア友達、現在NFLブロンコスで活躍中の西村樹里ちゃんが、昨年レイダースに合格した際に仲良くなった元レイダースのキャプテンで、更に彼女は私が49ersで活動していた時のキャプテンの友達だという、ティファニー。一気に意気投合しました!
 
そしてその友達のオレゴン大学出身のブリトニーと仲良くなり、オーディション中はずっとその2人と一緒に過ごしました。


 
そして、仲良くなったこの2人ともトレーニングキャンプに進める事になり、楽しみが更に増しました!
 
この日は、通った嬉しさと、これから始まるトレーニングキャンプへの緊張で、ドキドキ&ワクワクしながら、眠りにつきました。

11/19/2012

NBAダンサーへの挑戦 ~Phoenix Suns①~

だいぶ遅くなってごめんなさい。。。
フェニックスサンズのオーディションについて書きたいと思います!
 
このオーディションは良くも悪くも、今年の中で一番に濃い経験だったので、
なかなか文章にすることを思い切れずにいましたが、やっと書ける気がして、
書き出してみました。

フェニックスサンズは、私が日本で所属していたトヨタアルバルクで以前活躍していた
田臥選手が初のNBA日本人選手として所属していたチームです。

ダンサーは様々なジャンルを踊りますが、チームの雰囲気もコレオグラフもとても素敵で、大好きなダンスチームでした。
 
 


 
これが最後の本命のチーム・・・。望みをかけて臨みました・・・・。今回のオーディションはホテルの広いボールルームにフローリングを敷いた
場所が会場。

一次試験では、まず課題のダンスに入るテクニックのアクロスザフロアを習いました。
クーペターンからのファンキック、セカンドジャンプと、ジュッテのコンビネーションです。
ここではカットはなく、一次試験から課題ダンスを習いました。
 
 
8×2のダンスのフリースタイルに続けて、8×15くらいの課題ジャズ、続けて8×3のフリースタイルでした。振り付けはシンプルですが、メリハリをつけないと単調なダンスになってしまうので、リズムと表現力が求められるルーティーンだったように思います。
who's that chickという曲で、よくラジオで耳にしていたので、すんなり振り付けが体にも入りました。曲にマッチした素敵な振り付けで、これを習い終えた時には、更にこのチームのファンになっていました!!
(オーディションで使用される曲は大抵が半年くらいの間に流行った曲が使われる事が多いので、トライアウトを受ける予定の方は、常にアメリカのヒットチャートに目を向けておくと助けになると思います。)
 

今回の1次と2次で習ったダンスはこのダンスだけでしたが、1次で約1/3がカット、2次でそこから約1/2がカットされ、約5-60人程のセミファイナリストが決定されます。

1次も2次も、数人でジャッジの前で一度ずつ踊って行きますが、その後にコールバックがあり、番号を呼ばれた団体10人ほどで踊って行きます。
ほとんどの人が呼ばれていて、多い人だと3-4回踊っていたけれど、私は
待っても待っても一度も呼ばれず・・・・。
 
正直その地点でかなり弱気になっていました。

(自分の経験上、こういう場合には、見込みがある人を最終的に決定する為に確認で踊らせるケースと、振り付けを覚えてなくてもう一度チャンスを与えられる、というケースがあると思います。)

ノーミスで踊れたのでそれなりに自信はあったけれど、記念受験のような人もほぼいなく、レベルも高かった印象だったということもあり、コールバックもなかったことで、あんなもナーバスな2次の結果発表は初めてと思うくらい、緊張していました。

結果発表はホットラインにて、オーディション後4時間後くらいに電話で確認します。次々に受験者番号が呼ばれて行き、自分の番号が・・・

呼ばれました!!!

いつになく弱気になっていた私は、思わず涙が出たほど嬉しかったです。
半分諦めて結果発表前にビッグディナーを食べてしまっていたのでとても焦りました。笑

セミファイナルは翌日。その後は急いで準備をして、勝負に備えました!
 
 
この写真は、1次を通過したメンバー。
自分ですら、見つけるのが大変かな・・笑

さて、私はどこでしょう・・?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京・大阪・名古屋にて、自身のチアダンス ワークショップを開催します。
ご興味のある方、下記ページを是非ご覧ください!

東京: 11月22日(木) ※残りわずか
大阪: 12月10日(月)
名古屋: 12月11日(火)

11/16/2012

私の恩師、JUBIさん。

アルバルクに所属していた時から、お世話になっている、
須長順子さん(通称:JUBI/ジュビさん)の事を語らせていただきたいと思います!
 
 
出会いは2007年、私がJBLアルバルクチアリーダーの一員となった時。
アルバルクのコーチとして、元49erscheerleader の安田愛さんと一緒にアルバルクを支えてくださり、現在はJUBIさんが単独でアルバルクチアリーダーのディレクターとして、指導されています。
 
▼写真は今シーズンのアルバルクチアリーダー
 


 
JUBIさんの事は素敵なところはこの場だけでは語り尽くせませんが、
何と言っても、ダンスの構成と振り付けのセンスと引き出しの多さ!!!
良いダンスパフォーマンスには踊る側の技術はもちろん必要ですが、振付次第でどれだけ踊り手の魅力を引き出せるかが決まってくると思うのです。
見せ方を常に研究し、場に見合った振り付けと構成を考えられるJUIさんのセンスにはいつも驚かされます。
 
そしてそんな振り付けを作れること自体が、素晴らしいダンサーであることの証だと思います。

自分が勤めながらチアの活動をしていた時、大好きなチアダンスのこと、夢を語る時のJUBIさんは、とても輝いて見えました。
 
こんな大人になれたらいいなと憧れ、JUBIさんに少しでも近づきたくて、私も誰にも負けないくらい頑張れる何かが欲しい!
JUBIさんみたいに、自分にしか出来ない事が、きっとあるはずだ!
と思い始めた事が、昨年から海外に挑戦した一つのきっかけとなっていたと思います。

JUBIさんからは、
ダンスのテクニック指導についてはもちろん、
新しいことに一歩踏み出ことの大切さを教えてもらいました。
チャレンジすることにとても前向きで、みんなの背中を押してくれる存在でした。
時にはお叱りを受けることもありながらも、愛情をもって接して下さるJUBIさんに、
感謝しきれないほど、たくさんお世話になってきました。

日本に帰ってきて、久々にJUBIさんにお会いして、改めて素敵な女性だなと実感します。ご自身が多くの苦労や辛い経験を乗り越えてきたからこそ、他人の苦しみや悩みが分かるし、本気の人に対して本気の心で接することが出来るのだなと感じます。

早くJUBIさんに追いつきたい! でも自分にはまだまだ経験が足りないです…

いつか、自分がJUBIさんに心を動かされたように、そんなことが出来るくらいの、芯の強い魅力的な女性になりたいです。
 

いつまでも大好きで尊敬するコーチです!!!

Love,

11/15/2012

★12月11日(火)チアダンスワークショップ名古屋開催のお知らせ★

東京・大阪開催に続いて、名古屋にてワークショップを開催させていただくことになりました。
東京開催は残りわずか、大阪開催はまだ空きがあります。ご希望の方は、お早めにお申込みください。)

自身の昨シーズン49ERSでの活動や、今シーズンのオーディションでの経験を
少しでも現役のチアリーダーの方や、海外を目指す人へ伝えていけたらと思います!!

ワークショップ詳細について、下記へ記載いたします。
お読みいただいた上でお申込みいただけましたら幸いです。
応募お待ちしております!

■ 概要
 日程 : 2012年 12月11日(火)
 時間 : 19:15~21:45
 場所 : マイスタジオ 名古屋 丸の内徒歩2分
       (スタジオへのアクセス)http://www.my-studio.jp/access.html
 費用 : 2,500円  ※レッスン当日支払い
 定員 : 20~30名程度

■ 応募資格
 18歳以上、アメリカのチアダンスに興味のある方
 ※チアダンス歴のない方も大歓迎です

■ 応募方法
 下記メールアドレスへ必要事項を送付ください。
 定員になり次第受付を終了させて頂きます。
 ※お申込み完了をメールにてご連絡させて頂きます。

 ≪申込〆切≫ 12月10日(月)
 ≪送付先アドレス≫m.satake.cheer@gmail.com
 ≪メール送付内容≫
 ① 氏名 ②連絡先メールアドレス ③連絡先電話番号
 ④ 現在所属チーム/元所属チーム/チア未経験
 ⑤ 下記のうちどういった内容を希望するかお聞かせください
  A, NFLスタイルのダンスを踊ってみたい
  B, NFL挑戦を視野に入れて、オーディションに必要なスキルを習得したい
  C, NBAスタイルのダンスを踊ってみたい
 
 ⑥「名古屋開催希望」と表記ください
 

11/12/2012

自慢の姉 ~保坂典子さん~

・・・って、私には姉はいません。笑

そうです、私のステイ先として、お世話になっていた
ブログではおなじみの、元NFLワシントンレッドスキンズチアリーダーの保坂典子さん。



写真はAFLセイバーキャッツの時のもの。
いつ見ても素敵なプロポーションです!

昨年の49ERSの活動が始まった6月から、オーディション生活を終えたつい先日まで、
ベイエリアのお部屋を貸していただいた、典子さん夫婦と、ついにお別れをしました。
カリフォルニアの美味しい食べ物よりも(笑)何よりもとても寂しい思いです・・。

典子さんは私にとっては、お世話になっているハウスオーナーでありながら、
友達であり、憧れのお姉さんであり、時には私のコーチでもあります。

二人で、
よく運動し、(GYMも、ダンス学校も夜ランニングも一緒に・・)
よく食べて、(アメリカ人も驚くくらい、本当によく食べます)
よく笑い、(腹筋が痛くなるくらい)
よく語り、(ヒートアップして深夜になることもしばしば)

たった1年半だったけど、多くの時間と、経験と、感情を共にしました。


典子さんのことは、どんな言葉を並べても語りつくせませんが・・・・
心の芯の強さと、優しさを兼ねそろえた、本当に素敵な女性です。


私は一緒に過ごした生活の中で、何度典子さんに助けられたか分かりません。

悩んだとき、私の立場に立ってベストの方法を一緒に考えてくれる。
でも時に、厳しい言葉でありのままの事実を伝えてくれる。

大人になって、ここまで近い存在でいてくれる人はなかなかいないと思います。
これって、すごくエネルギーのいることだと思うからです。

私は・・・今の自分の目の前のことをこなしていくのに精一杯で、典子さんに何が出来たかな・・。

本音でぶつかってくれる人って年齢や経験を積むたびに、少なっていくと思うけれど、
こうやって、自分にエネルギーを費やしてくれた典子さんには感謝しても、しきれません。

この典子さんとの生活を通して、人に対して、また自分に対して、正直でいることの大切さや、
それを貫くことの心の強さがどれだけ必要かということを学ばせてもらいました。
自分はまだまだ典子さんのようにはいかないけれど、そんな事が出来る人間になりたいな!

私の姉こそ、人生のロールモデル!!!

のりさん、これからも変わらずお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします:)

LOVE YOU!!!